大人の女性の為のおしゃれなパンプス・ブーツ 婦人靴|SOSHUN

rss

HOME»  SOSHUN DE SEVENの靴へのこだわり»  SOSHUN DE SEVENの製甲

製甲

漉き

裏素材を漉いています。

裁断が終わった革や裏の素材を漉きます。
製甲の際に重なる部分を漉くことにより、
凹凸を少なくし足が痛まないようにします。
この作業を怠ると
革の重なる部分が極端に出っ張ったりすることにより
その部分に足が当たり痛みに繋がります。

製甲

革と裏素材を貼り無駄な部分を落とします。

製甲と一口に言ってもその作業の数は膨大です。
革を貼り合わせたりや裏素材を付けたり
ミシンなど寸分狂わず職人が作業をします。
どこかが少しでもズレると全ての部分がズレてしまいます。
企画部門で説明した紙型に合わせながら作成します。

ミシン

ミシンをかけている様子です。

もちろんミシンにも気を使い慎重に作業をします。
弱くなりそうな部分には二重にミシンをかけたりや、
デザイン性を高める為に
本体とは全く違う色でステッチをかけることもあります。
少しでも糸が緩んでいると早めの故障に繋がったりや
デザイン性が悪くなってしまう為、
職人が一つずつ綺麗にミシンをかけます。