大人の女性の為のおしゃれなパンプス・ブーツ 婦人靴|SOSHUN

rss

HOME»  SOSHUN DE SEVENの靴へのこだわり»  SOSHUN DE SEVENの底付

底付

木型

50種類以上の木型。

木型は50種類以上用意しています。
デザインに合わせ色んな木型を使用します。
先が尖っている物やフラットな物など
木型の種類が豊富な為、様々なデザインを生産できます。
外反母趾に対応した木型も開発しており、
より女性目線の足に優しい靴の生産に取り組んでいます。

前吊り

専用の機械を使用しつま先を吊っています。

つま先部分を機械でしっかりと作ります。
つま先の形が崩れにくく、
綺麗な状態を長く保てるようになります。
またしっかりとつま先部分を作ることにより
歩行時のつま先部への痛みも軽減します。

甲吊り

一足ずつ手作業で吊りこみます。

前吊りの後は足の甲の部分を作ります。
引っ張りすぎても引っ張りが弱すぎても
靴の形が崩れてしまいます。
職人が一足ずつ丁寧に作業しています。
この使用している道具は見た目がワニに似ていることから
そのままワニと呼ばれています。
大ワニ、中ワニ、小ワニと色んな大きさがあり
職人によって使用するワニの大きさも異なります。

バフ

職人の手により丁寧にバフをします。

吊り込みが終わると次は機械を使い革の表面を削ります。
革にそのまま糊を塗ってもすぐに剥がれてしまうため
表面を削り落とし糊がしっかり着くようにします。
底の形に合わせ数mm単位の調整をしながらバフをします。
バフが底の外側に出てしまうと
靴の見た目が大幅に悪くなってしまいます。
 

底貼り

靴の見た目に大きく関わる底貼り作業。

バフをしたあとはみ出さないように丁寧に糊を塗り、
バフに合わせて底を貼ります。
靴の見た目やバランスに大きく影響するので
職人の手により丁寧に貼っていきます。
また底が剥がれないように
貼ったあとに機械で圧着することで
剥がれにくく靴が長持ちするようにしています。

ヒール打ち

ヒールを打っている様子。

ヒール付きのパンプス等では底を貼った後、
最後にヒール打ちをします。
折れないよう、外れないよう、傾きが出ないように
一足ずつ慎重に職人が打っていきます。
当店でご購入いただいた靴は
ヒールがすり減ってしまったとしても大丈夫です。
アフターメンテナンス対応により新しいヒールに交換ができます。
別途料金がかかる場合がございますので、
直接、鶴橋本店にお越しいただくかお電話ください。
その際箱に記載されているデザイン番号を教えていただけると
スムーズにご案内が可能です。